宮迫さんのデイトナ『ポールニューマンダイアル』

少し前に、雨上がり決死隊の宮迫博之さんが
『ポールニューマンダイアル』
をしているのを見ました。



ポールニューマンダイアルというのは『ロレックス コスモグラフデイトナ』のアンティークで、俳優でカーレーサーでもあったポール・ニューマンがレースに出る際、好んで身につけたことで有名なモデル、というのはみなさんご存じだと思います。

時々アンティークで見かけますが、もちろん一千万超え。

数ヶ月前に宮迫さんが、新型コスモグラフデイトナ(№116500LN)の白をしているのを見かけたところだったので、思わず二度見してしまいました(笑)

というのも、昨年発売された新型コスモグラフデイトナ(№116500LN)の白と『ポールニューマンダイアル』は、ちょっと似ているのです。

新型コスモグラフデイトナ(№116500LN)の白が黒より人気があるのは『ポールニューマンダイアル』を彷彿とさせるデザインだから、と感じている方も多いのではないでしょうか。
_20160518_185639-480x393.JPG

それでも、パッと見れば新型のデイトナでないのは分かります。
文字盤の3・6・9の部分にある丸い部分(タキメーター)のバランスが違うんですよね。
これら3つのタキメーターの正式名称は『30分積算計』『スモールセコンド』『12時間積算計』というらしいのですが、ポールニューマンダイアルの方は左右の間隔が若干広く、コスモグラフデイトナの現行モデルはちょっと締まって見えます。(はかったことないけど)

このタキメーターのバランスで、デイトナがお好きな方なら遠目でもピンとくるかもしれませんね。

とても味わいのある、ため息が出るくらい素敵なデイトナ。50年の重みが感じられる腕時計です。




この記事へのコメント


この記事へのトラックバック